記事の詳細

 

 

Name:
夜色P(夢永美朱・m.y.s.f.)
Sex:
男性
Blood:
AB型
Age:
秘密ですがおっさんホイホイ系が多い所からお察しください
Birthday:
10月1日
Type:
両極端的で好き嫌いが激しい
Live:
大分県
Hobby:
音楽・映画鑑賞・TVゲーム
Like:
可愛い・綺麗なもの
Dislike:
規制や抑圧、ゴキブリ
Good:
昔は計算と水泳だったが今は特に無し
Weak:
集団生活

 

趣味について ・音楽鑑賞 昔から色んな洋楽ディスコ、邦楽、FM音源時代のゲームミュージックなどを聴いてきました。 特に、アーケードのゲームをやるようになった頃は同時に音楽鑑賞の一環という位置づけでもありました。
その後は邦楽をかなり重点的に聴くようになりその過程でダンスミュージックにはまるようになりました。

 

・映画鑑賞
音響に拘る方で、見たい作品は大抵劇場で見たりしています。
好きなジャンルは主にアクション系や銃撃、爆発などが多い作品。

 

・TVゲーム
撃ちまくり型のシューティングゲームが特に好きで、2000年くらいからは無双シリーズのようなアクションゲームも好きです。
また、キャラクターを自分でデザインできるゲームも好きです。

 

・影響を受けた主なアーティストとそれに関する曲

細江慎治(めがP)
ドラゴンスピリットを初めとするナムコ時代のゲーム音楽など。

 

浅倉大介
accessの初期(1993年頃)の作品全般など。

 

 

使っている機材
PC:
CE/E50
I/F:
Roland SD-50
DAW:
SONAR HOME STUDIO 7
Vocaloid:
初音ミク、鏡音リン・レン、巡音ルカ、CUL
音源:
Roland SD-50

 

初めてVOCALOID作品を投稿した当時の音源及びインターフェースはRoland SC-D70を使用、 しかしWindows7にOSを変えてからは、ドライバの提供を打ち切られたため、SONAR HOME STUDIO 7のソフトウェア音源を使用、その後にSD-50を導入し現在に至る。
その他にフリーウェアのSynth1とVOPMを時々使用している。 また、リズムやパーカッションにはループウェアを使用。

音楽暦

自分で作曲という領域に足を踏み入れたのはゲームでした。 当時自分の好きなゲームを作るソフトがあってその中にゲームのBGMを作曲できる機能があり、それに触れたのがきっかけでした。
当時使用していたソフトは「デザエモンシリーズ」(アテナ)、「スタジオP」(アジェンダ) 後者のソフトを使うようになってから自作曲をMDに録音してアルバムを作ったりしていました。 当時はPCを導入していませんでしたがPCを導入して数年後にDAWを初めて購入、そしてその数年後に音源モジュールとしてSC-D70を初めて導入しそれを機にm.y.s.f.というプロジェクトを立ち上げて自作曲を音楽配信するサイトmuzieに参加、自作インスト曲を多数公開。 初音ミク体験版を通じて2007年末に初音ミクを本格導入し2008年に初めて初音ミクオリジナル曲をニコニコ動画他に初投稿、以来現在に至ります。

ボカロPになった理由

もともと、自分はインストばかり作ってて歌詞をつけた所で歌い手がいないというのが悩みの種でした。 MEIKOやKAITOの頃はスペック等の関係からまだ導入する気になりませんでした。 しかし、初音ミクで初めてデモを聴いた時そのクォリティに驚かされました。 また、アニメ好きの私としては声優さんを使っているというのも魅力的でした。 それで、ボーカロイドを導入してみようと決心しました。

P名の理由

私のボーカロイドオリジナル曲の4作目「蛍光-ホタルビカリ-」(http://www.nicovideo.jp/watch/sm3695885)
この曲は蛍をテーマにしたもので、当時この動画を見た視聴者のコメントで夢夜Pと呼ばれ、その後夜色Pと訂正されてタグがつけられました。
それが私のP名の由来です。

どのような曲を製作してますか?

ダンスなどのアップテンポ系が主ですが、他にも思いつきでいろんなジャンルを試したりしています。
時々、スローバラードなどを作ることがあります。

楽曲製作でのこだわり

伝えたいことを伝える、ただそれだけですが自分は万年未熟で自信はあまりないです。

今後の活動について

特に目立つような新しい予定はなく、これまでどおりで思いついたらやるという感じで。

夢、目標

楽曲募集等のイベントがあればチャレンジしたいと思っています。 ただ、私の曲は動画サイトでいえば再生数が壊滅的に少なく、「お前には数十年早いんだよ」と揶揄されるくらい無謀なことですが、私としては例えそうであったとしてもそういったことにチャレンジしていくことはとても大事なことだと考えています。

あなたにとってボカロとは?

自分の代わりに歌ってくれる代弁者的な存在でしたが、それも今では変化してきました。
キャラクターボーカルということでキャラクターとして愛されるようになる中、ピアプロなどのサイトで多くのイラストレーターの方々によるイラストを見るうちにキャラクターとして愛していくようにもなりキャラクターに対して抱いたイメージを表現する歌を作るようになったりもするようになりました。 実際、フィギュアまで買ったくらい。

なので、今ではボカロは歌ってくれるだけでなく傍に居てくれる存在といった方がいいかもしれません。

夜色P(夢永美朱・m.y.s.f.)さんの作品

 

星の唄

 

もともとは数年前のインストを作っていた頃の曲で、それに歌詞をつけて初音ミクに歌わせたボカロオリジナル第1作目。 子供の時も大人の時も夜空を見上げると同じ美しい星が輝いているけどその捉えかたは大きく異なる、そんな感じの曲です。

 

 

呪界

 

ボカロオリジナルの第9作目で、世界崩壊後の理不尽に満ちた世界観に拘り、グロテスクな表現も盛り込んだ絶望系ホラーソング。 後にリメイク版や外伝などを制作、ニコニコ動画以外でのみ公開しているバージョン(Lilyや鏡音リンのChiptune版など)も存在する。

 

 

遠く離れた幸せ(2部作)

 

幸福をテーマにした物語音楽2部作、 第1部「いつも笑顔な私のままで」(初音ミク・sm7801725)と第2部「遠い彼方へ消えた願い」(巡音ルカ・sm8107041)の2部構成でピアプロでコラボを立ち上げて絵師の方々を招集して半年ほどかけて作りました。 それぞれ境遇は違えど幸せを掴めないがそれでも生きていくという内容となっています。 私にとっては絶対にやり遂げたかったプロジェクトでした。

夜色P(夢永美朱・m.y.s.f.)さんのリンク

マイリスト

 

楽曲コラボ作品集

 

 

Twitter

 

ピアプロ:http://piapro.jp/miakayumenaga

 

muzie(m.y.s.f.):http://www.muzie.ne.jp/artist/a005098/

 

ブログ:http://miakayumenaga.blog88.fc2.com/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

おすすめ記事

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る