記事の詳細

 

 

 

Name:
Pivot
Sex:
Blood:
B型
Age:
おじさんです><
Birthday:
7月6日←柊つかさと1日違い!
Type:
なんでもあり
Job:
どちらかというと、裏方の仕事
Live:
さいたまさいたま( ゚ ∀ ゚ )
Hobby:
宅飲み
Like:
焼き鳥、餃子の王将、天下一品、オムライス……それと、トマト!
Dislike:
みんな大好きだよっ☆
Good:
ライティングとか、書くのは好きです!
Weak:
電車遅延。。。首都圏は電車トラブルが多いです。。。
好きな音楽:
The Cinematic Orchestera、Helios / Goldmund、CHORO CLUBなどなど

 

初めまして。
ニコニコ動画でボカロ曲をアップしているPivotでっす♪
気楽に制作していますので、もしよければ、お聴きくださいませ~

セラミックレコーズさんからも音源をリリースしました。
よければ、どうぞ~
http://www.ceramicrecords.net/release/imageisreflected/imageisreflected.html

よろしくお願いします~

 

使っている機材
PC:
Windows
I/F:
YAMAHA GOシリーズ・・・orz
DAW:
Cubase
Vocaloid:
初音ミク、Mew
音源:
NI KOMPLETEとかいろいろ
その他:
アコギとか

 

機材は道具なので、あまり気にすることはないかなと。 「表現したいけれど、今ある機材だけでは作れない」となったとき、 はじめて新しい機材を購入するレベルですね。

ただ、ミックス的にリバーブだけは良いのがあった方がいいので、 そこにお金を掛けた方がいいと個人的には思いますよ。

 

その他の機材リスト → http://ghostnote.main.jp/profile.html 

音楽暦

10代のある日、親父のアコギが気になる。  
↓ こっそり隠れてアコギを弾き始める。  
↓ 梅田のナカイ楽器でYAMAHAの安いアコギを買う。  
↓ そのままアコギだけを弾きまくる日々が続く。  
↓ 仕事の都合で上京して、パソコンで音楽制作ができることを知る。
↓ 初期ReasonやPro ToolsでDTMを始めて、最終的にCubaseに落ち着く。  
↓ VOCALOIDの存在を知り、歌ものの制作を始める。

ボカロPになった理由

歌ものをずっと作りたかったけど、シンガーの知り合いがいなかったり、 「ニコニコ動画に投稿したい!」という気持ちがあったり……。

しかしながら、最大の決め手は「ボカロの声の魅力」です。 声に魅了されて、曲を作りたいと思えるようになりました。

P名の理由

P名ありません><

どのような曲を製作してますか?

ゆったりした歌える曲が多いかなと思います。 歌詞を先に作ることが多いので、そこからメロディを考えて曲にしています。

楽曲製作でのこだわり

・音圧を上げすぎないこと
・ボカロはオーディオに書き出してから波形でさらに編集
・マスターにAvalon DesignのコンプのIRを通す

サウンド面では、このあたりに気をつけています。 楽曲は、行き当たりばったりです(笑

今後の活動について

ボカロのCDを作りたいです。 調べたらCDプレス代が結構かかるみたいなので、気長にやっていこうかなと(汗 配信とかもやりたいけれど、ダメなんですよねー

あとは、誰かとコラボとかもやってみたいです。

夢、目標

「誰かに2回聴いてもらえる曲を作ること」が目標です。

ネットに曲があふれている現在、例えば、ネットレーベルで曲をダウンロードして 1回聴いてMP3ファイルを捨ててしまったり、YouTubeで一度聴いて終わりなど、 1回聴いたら二度と聴くことがない曲があったりします。 CDを購入しても、1回聴いて、あとはCDラックに収まったままとか……。

だから、誰かに2回目が聴いてもらえるような、 そんな曲ができたらいいなと思っています。

あなたにとってボカロとは?

サークル(輪)です。

作り手、聴き手に関わらず、ボカロが好きな人同士がつながれる、 話題を共有できる、新しい創作物を生み出していけるという意味で、 ボカロを愛する人すべてが、ひとつの大きなサークルなんだなと思います。

クリプトン・フューチャー・メディア株式会社の伊藤社長が VOCALOID聴き専ラジオ 第62回にゲスト出演された放送で 「うまくいけばボカロが世界平和に貢献できる」といった発言もあったように、 ボカロを通じて海外ともつながっていければいいですね。

Pivotさんの作品

 

一番得意な歌

 

 

ドラム、ベース、ギター、ギター&ボーカルという4人編成のバンドが、街にある小さなライブハウスで演奏しているイメージで制作したシンプルなロックバラード。「今の自分を素直に見つめて、ただまっすぐに生きる」といった歌詞になっています。

 

 

父母の住む街へ

 

故郷に住んでいる両親のことを想いながら作ったフォークソング。〝ボーカロイドの初音ミク〟というキャラクターを前面に押し出すのではなく、「ある映画やドラマなどの主題歌を、歌手の初音ミクが依頼されて歌う」といったような雰囲気を目指しました。

 

 

愛惜

 

オールドロックかつ、ギターの本数を減らしてフレーズを活かす方向性で作った曲。1番はエレキのサウンドを主体にしつつ、2番からはアコギなども交えて展開し、約8分の曲になりました。動画に歌詞を入れなかったことを、未だにちょっと後悔しています。

Pivotさんのリンク

マイリスト

 

 

Twitter

 

Ghost Note:http://ghostnote.main.jp/

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る