記事の詳細

 

 natsunomaboroshi900

 

Name:
コウノトリさん。P名は決まっていないというか、どうやって決まるものなのでしょうか・・・?
Sex:
男です。
Blood:
A型です。
Age:
25歳・・・だったはず。
Birthday:
9月10日
Type:
凝り性らしいです。
Job:
コウノトリの仕事は赤ん坊を運ぶことらしいですよ。
Live:
キャベツ畑とツイッターでは書いていますが、実際は大阪です。
Hobby:
作詞作曲、絵を描いたり、読書したり・・・?
Like:
柚子関連の食べ物はだいたい好きです。動物はだいたい好きです。
Dislike:
納豆とウニとイクラ。チンパンジーと人混み。
Good:
手先が器用です。
Weak:
早食いはできません。

 

はじめまして、コウノトリさんと申します。 「さん」までが名前になります。

影響を受けたアーティストは、RCサクセション、THEE MICHELLE GUN ELEPHANT、Syrup 16g、the pillows…etc まだまだ沢山いらっしゃるんですが、
一番影響を受けたアーティストは、大阪を中心にライブハウスやBARで活動する「脳内麻薬」というアーティストです。

 

 

DSC_01421

 

使っている機材
PC:
lenovo Win7 Core i5
I/F:
TASCAM US-322
DAW:
cubase
Vocaloid:
初音ミク
音源:
DAW付属とフリー音源と、最近ではREAL GUITARを使っています。
Headphone:
SHURE SRH – 440

 

 

音楽歴

話せるような音楽歴はないんですが、初めてギターを持ったのは中学生の頃でした。
でも、全く上手に弾けないし、歌えなかったんです。 コードのFも押さえられませんでしたし、楽譜ももちろん読めません。
何がひどいってリズム感も皆無! その上、TAB譜さえよくわかっていないし、教えてくれる人もいない。
よーし、なら練習だ!…となれば良かったんですが、僕は練習が大嫌いだったんです。
それでもなぜか諦めず、苦肉の内に出した策が「なら自分で曲を作って歌えばいい」だったんですね。
自分で作った曲なら、下手であろうが「こういう曲なんだ」と言い張れば良い、と。

我ながら、何言ってんだコイツ……な感じですが、そこから僕の音楽は始まりました。
その後、中学を卒業してから高校に進学して、軽音部に所属するんですが、軽音部ではコピーバンドが主流で、早々にコピーをあきらめた僕は幽霊部員コースを迷うことなく突き進み、仲のよかった校外の友人達とバンドを結成しますが、高校卒業と同時に進学の為、バンドを休止します。 大学では、綺麗な先輩にそそのかされて美術部に所属するも、夏休み中に見たアニメ版NANAの影響でバンド活動再開を決意し大学を退学。

こうして、ろくでなしバンドマンが世に放たれたわけなんですが、その後バンドはレコ発イベント当日に解散し、ギターをエレキからアコギに持ち替えてライブハウスやBARで弾き語りのソロ活動を続けて、最近になって新しいバンド「くる実」を結成して今に至ります。

ボカロPになった理由

実をいうと、そもそも、ボカロPになろう!と思ってなったわけではないんです。
音楽歴の欄にも書きましたが、僕はバンドを中心に活動しており、そのバンドで音源を作る際に、レコーディングスタジオを利用すると結構なお金が掛かってしまうので、それじゃあ自分でレコーディングしちゃおうか、というのが始まりでした。

で、バンドの曲をDTMで作っていくうちに、すっかりDTMにはまってしまいました。
一人で黙々と作曲して作りこんでいけるDTMは性にあっていたようで、バンドの曲以外にもいくつも曲を作って楽しんでいました。
ただ、そうしたDTM作業の中でも、いつもボーカルパートだけがネックでした。
バンドの曲ならバンドのボーカルに歌ってもらえばいいんですが、それ以外の曲…とくにラブソングなどになると、自分で歌うのもちょっと…と悩んでいた際に初音ミクを使うことを思いつき、結果としてボカロPになったという具合です。

P名の理由

P名はまだない…のかな? 投稿した曲のコメントで、「冷えたスイカP」「夏蝉P」などと書き込んでくれている方もいらっしゃったのですが、そもそもP名はどうやって決めればいいものなのでしょうか…!
「冷えたスイカP」も「夏蝉P」もどちらも素敵なのですが、僕が選んでもいいのでしょうか?
そのあたりが、まだよくわかってない素人Pです。

ちなみに、HNの「コウノトリさん」というのは、僕がやっているバンド「くる実」で、「誰が作曲しているんですか?」と質問された際に、「曲はコウノトリさんが運んでくるんです」という返しというか、設定があるんですが、それを拝借する感じで「コウノトリさん」と名乗っています。

ええ、くる実はちょっと痛いバンドです…。

どのような曲を製作してますか?

バンドを意識した曲はPOPS風味に仕上げることが多いですが、基盤になっているのはBluesであることが多いです。

曲が完成するまで

作曲はアコギでやることが多いです。 コードを弾いてメロディをのせて、同時に歌詞ものせちゃいます。 基本的には作詞作曲は同時進行進めて、曲の構成を作ったら鍵盤で音を探しながら、メロディ部分をMIDIにおこして同時にドラムも打ち込んじゃいます。

そのあと、ボカロで歌パートを大雑把に作ってから、DAWで各楽器の音録りと調整をすましてMIXします。
あとは微調整の繰り返しで、ボカロもここで細かく調整します。
2MIXができあがったらマスタリングをすませて曲は完成です。

曲ができたら次はイラストを描きます。
まずはアナログで大雑把に書いて、スキャナで取り込んで下書きしてからテキトーに仕上げていきます。
絵はホント、びっくりするくらい適当に描いてます。

曲と絵があがったら、歌詞をいれて動画にして完成です。
はやければ2週間程度で仕上がります。

楽曲製作でのこだわり

音に関しては、そこまで何かにこだわっているという事はありません。
ただ、EQやコンプの処理などの基本的なことは出来る限りしっかりやろうと心掛けています。
歌詞に関しては、言葉の持つ意味や、その言葉から受ける印象など、言葉選びに気を付けています。
とはいえ、気にせずノリだけで作ることもあるので、命を懸けているようなこだわりではないです。

今後の活動について

音楽の活動は、やはりバンドが中心になるかと思います。
今は、大阪の堺を拠点に大阪市内でもライブなどを行なっていますが、今後は大阪以外の土地でもライブ活動をしていきたいです。ツアーという奴ですね!

ボカロPとしては、今後も曲を発表していきたいと思います。 あとはイベントなんかにも参加したいですね…!

夢、目標

綺麗な海と山のある街で静かに暮らしたい!

はい、音楽活動での目標は…なんでしょうね。
とりあえずは、年内にアルバム出したいです。 あとは、全米チャート1位!

あなたにとってボカロとは?

普通のバンドマンが、一度のライブで10人に曲を聴いてもらえたとして、10回のライブを経て、やっと100人です。 その内、何人がファンになってくれるんでしょうか? YouTubeなどにバンドの動画を投稿したところで、身内以外のどれだけの人が見てくれるんでしょうか? 僕の知るバンドマンは、そんな売れないバンドマンばかりです。 そして、僕もその内の一人です。

きっと、僕の投稿した「夏のまぼろし」という曲も、僕自身が歌ったものを投稿していたら、10再生もいかなかったと思います。 あの曲が、3日程度で4000回も再生されたのは、紛れも無くボカロの力あってのものだと思っています。

僕にとってボカロとは、恩人のようなものです。

ほんとに、報われた気がしたんです。 お客さんのいないライブを何度も経験して、剰え、それに慣れかけていた僕にとっては、曲を聴いた方から寄せられるコメントやツイートは、救いにも似たものでした。 曲を作って良かったと思えたのは、本当に久しぶりでした。

 

コウノトリさんの作品

夏のまぼろし

 

 

LIVE告知

大阪を中心に活動するバンド「くる実」のライブ告知です。 興味のあるかたは、いつでもツイッターなどでご連絡下さい!

8.19 (火) 中百舌鳥 club massive OPEN 18:30 START 19:00 ADV \1,300 DOOR \1,800 (+1DR \500)   Al:Quran   Anomaly Of Jellyfish   くる実   おはしはぜんとかぞえるんだよ

9.19 (金) アメ村 新神楽 詳細未定

コウノトリさんのリンク

マイリスト

 

ニコニココミュニティ

 

Twitter

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る