記事の詳細

作品をニコニコ動画にアップいたしました!

よかったら見てみて、感想ください!!
(アドバイス、駄目だし、罵倒でも何でも構いません><)

 

約2ヶ月ぶりとなりました、DTM奮闘記。。。
DTMには奮闘していたのですが、、、ボカロに関しては全然でして^^;
特に書くことが何も無かったのです><

もしかしたら以前にも言ったかもしれませんが、
4月から以前行ってた大学から転入してカナダの音楽関係の大学に入学したのですが、
先週、第一学期が終わりまして、やっと最近ボカロと向き合える時間が増えました^^

学校では北米の音楽ビジネスを中心に勉強をし、音楽理論や音に関するペーパーワークも行い、
さらにDAWを使ったビートメイキング(作曲)やスタジオを使ったレコーディングなどもやっていきました。
ビートメイキングではひたすらヒップホップのビートをサンプラーやターンテーブルを使いトラックを作成してきて、
あまり僕の音楽とは違う感じのものばかり作っていました。

ヒップホップはDTMの初心者に向いているジャンルらしく、
4月から6月までの3ヶ月間はほとんどヒップホップ作ってましたw

ボーカルにミクさんやGUMIさんを使ったりしようとしたのですが、
ヒップホップのラップのフローとかライムの踏み方を再現するのが難しく断念。
ニコ動で流行っているようなラップは早口ラップであり、ヒップホップとは全然違うもの

 

まぁ色々ありながら、時は経ち・・・
ボカロ曲がどうしても作りたいという気持ちになり、
今作を作ることにしました。

曲のイメージ的には、J-POPエレクトロハウスで時々ダブステップ。って感じで
前作の「サヨナラA」をカオスにした感じにしてみました。

リファレンスに僕の神崇拝しているZedd様の楽曲を使いました。
リファレンスとは、作曲やミックスなどの際に参考にするということ。)

 
リファレンスに使用した楽曲はこちら↓


日本でもKz(livetune)さんがミクでリミックスして結構有名なやつ。

 

この曲のサビの低音の気持ちよさを真似したかったのですが、、、
全然再現できなかった・・・

サブベースを60Hzあたりでガンガン鳴らしてみたのだが、
Zeddのような綺麗な音でだせませんでしたね^^;

で、ちょっとレファレンスしすぎて、、、
曲の低音がやたら出てしまうという結果にもなってしまいました。

あと、ドラムの音をもっと研究しないとな><

次回作は超絶気持ちいいベースを作ってみせたいと思います!

 

サヨナラS」のタイトルやストーリーに関してですが、
Sの意味はスランプ。実はヒップホップばっか作っていて、
ボカロ曲で全然作ろうと思っても作れない時期がありました。
一応、スランプから抜け出したということでサヨナラSにしました。

ストーリーですが、前作のサヨナラAから100年後の世界を描いてみました。
ボイジャー号が宇宙の最果てに到着した後のお話。
サヨナラAの時に宇宙にいた主人公は一体どこへ行ったのか?
そして、なぜミクさんの前にいるのか・・・?
ちょっぴりSFな感じになりました。

サヨナラシリーズは次回で最終回にしたいと思います。

 

最後まで見てくださりありがとうございます^^

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る