記事の詳細

 

9af9c58249bb1a5faac40e50124f14fc

 

Name:
くるりんぱP
Sex:
Blood:
A
Birthday:
3月17日
Job:
大学生
Live:
宮城県
Hobby:
作曲・アニメ鑑賞
Like:
ゲーム
Good:
デジタルなこと
Weak:
アナログなこと

 

作曲やアレンジ、ボカロ調整、レコーディング、ミキシング、動画制作等やっています。

大学ではDTM指導(Cubase)やらちょっとした作曲アドバイスやら音響をやっていたりします。

 

848eda330c03ce96c330842ba62cd65c

 

使っている機材
PC:
Windows7
I/F:
Roland QUAD-CAPTURE
DAW:
SONAR
Vocaloid:
巡音ルカ
シンセサイザー:
YAMAHA MM6

 

 

音楽歴

5歳からピアノとエレクトーンをグループレッスンで習い始める。

小学校低学年の時に電子ピアノでインストのBGMの作曲や耳コピを始める。

中学時代、友達に勧められて吹奏楽部でフルートを始める。永遠の2ndポジション。

電子ピアノで歌モノの作曲を始める。
当時は自分で歌唱(黒歴史)

高校入る手前にピアノとエレクトーンを辞める。
フルートも引退。

高校時代、軽音楽部でバンドを組み、誰もやる人がいなかったキーボード担当になる。
バンドで一時期、キーボードがない曲ばかり選曲されて自然とアレンジとアドリブ能力が身に付く。

DTMと巡音ルカを作曲に導入、ボカロP活動を開始する。

現在、大学で音楽科の作曲系専攻。
副科でフルート復帰。オーケストラを経験。やはり永遠の2ndポジション。

ポピュラー音楽はもちろんクラシック音楽、民族音楽、教会音楽等、
様々なジャンルに精通できるよう 終わりのない勉学に励んでいるなう。

ボカロPになった理由

作曲の幅を広げたかったからです。
後、自分の曲がネットでどこまで通用するのか気になっていたからです。

P名の理由

「桜乱舞」という曲の中にある「くるりんぱ」という歌詞のフレーズから。
もしくはリアルで「桜乱舞」が「くるりんぱ」という愛称で親しまれていたことから。

どのような曲を製作してますか?

和風モノやロック系が多いと思います。というか得意です。

最近は様々なジャンルに挑戦してみようと考えているので
オーケストラ音源を使用した楽曲や民族楽器音源を使用した楽曲等も作っています。

学校の授業や出来事からよく影響を受けがちです。

曲が完成するまで

普段は
オケ → メロディ → 作詞 → ボカロ調整 → ミキシング → 曲完成
の流れで制作しています。

依頼等で最初に歌詞がある時は
メロディ → オケ → ボカロ調整 → ミキシング → 曲完成
の流れです。

作曲は1~3日くらい。 作詞は1、2日くらいでできることもあれば、2、3ヵ月ほど放置することもあります。
概ね、作詞に時間がかかってます。

楽曲製作でのこだわり

なるべくたくさんの人に曲を覚えてもらいたい為、メロディアスなものを作ろうと心掛けてます。

後、体験版を駆使して様々なボカロを使ってみたり、
ジャンルも色々なものに挑戦していきたいと思っています。

いつか未だかつてない新ジャンルを開拓したいですw

生演奏を前提に制作する場合は 演奏者のレベルや特徴を生かせるような旋律作り、
演奏の場に合わせた雰囲気を意識して妄想しながら作っています。

今後の活動について

積極的に作曲コンテスト等の催しに応募してみたいと思ってます。

それと余裕があったら同人イベントへの参加とかやってみたいです。

夢、目標

自分の音楽活動で「作曲を始めました」とか「楽器を始めてみました」とか
とにかく何でもいいから何かのきっかけになれればいいな、と思います。

後は自分の曲がカラオケ配信されたら、友人たちとカラオケに行ってみんなで歌いたいです。

 

4a210e489ae26013fcf7e2ddee89ac08

 

あなたにとってボカロとは?

自分の音楽を第三者に伝える1つの手段です。

 

くるりんぱPさんの作品

桜乱舞

くるりんぱPの由来になった曲です。

 

無情

バンドのオリジナル曲です。
MMD作品によく使っていただきました。

 

楽曲のイラスト・PV募集について

普段、ピアプロさんの方で先行楽曲配信をしていて、そこでイラストとPVを募集しています。

http://piapro.jp/original

たくさんの人と1つの作品を作っていきたいと思っているので気に入った作品がありましたらぜひ!

楽曲へのご質問・ご感想もお気軽にどうぞ♪

くるりんぱPさんのリンク

マイリスト

 

Twitter

 

ピアプロ:http://piapro.jp/original

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る