記事の詳細

 

 

主に鏡音リン・レンの楽曲を作成しているshr(シャー)氏のオリジナル曲です。


この曲に限らず氏の作品に「和」を感じる所以は、
やっぱり全編を通して用いられている文語調の歌詞でしょうか。
この曲でも「伝屍」「死ぬる」「知らで」などといった古語が使われており、
こうした特徴的な世界観においては随一のPの方だと思います。

イラストもご自分で描かれてるとのことで、マルチな才能をお持ちの方です。


この曲にはアレンジ違いのリン版とレン版があるのですが、
前バージョンよりも電子音が抜けて生音っぽい打ち込みになっており、
より和風な雰囲気が高まってます。

歌詞も一部、別曲の「あいなし」から引用され、改変されています。


イントロで惚れて以来、夢中になってしまった曲です。


r2さんの紹介でした。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る