記事の詳細


600x150

 

 

Name:
藤村哲弘(イヤイヤP)
Type:
極度の人見知り
Like:
ぬいぐるみ

 

影響を受けたアーティスト:ドラえもん

 

 

b4d7325102ea160c0efeec2055f56004

 

使っている機材
PC:
Windows7 professional
I/F:
Focusrite Scarlett 2i2
DAW:
SONAR X1 Producer,MUSIC CREATER 5
Vocaloid:
巡音ルカ 初音ミク IA 鏡音レン
Headphone:
MDR-CD900ST
Speakers:
MSP3
ベース:
Ibanezの5弦

 

MIDI Controller:EDIROL PCR-300

音楽歴

2009年:ベースの弾き語りで音楽活動を開始。

2010年:DTMの環境を整え本格的に作曲を始める。

2011年:VOCALOIDを導入した楽曲を精力的に製作し、多方面から高評価を受ける。

2012年:初制作CDを発売。売り切れ御免再プレス。

ボカロPになった理由

むかしむかし あるところに

おじいさんと おばあさんが おったそうな

めでたしめでたし

P名の理由

処女作である「イヤイヤ星人」を投稿した際
消しても消しても何度も「イヤイヤP」というタグが追加され、

ひたすらそれに抵抗していたのですが、
その激闘を一週間ほど繰り返したのち私が折れました。


あんたら強すぎや((((;゚Д゚))))

曲が完成するまで

世界感というものを最も重要視しており、
表現したい事柄や内容が浮かんだらまず設定詩を書きます。


その後、落ち着いた状態(主にふとんの中)にして
頭の中で情景を想像し、詩やメロディなどの具材をぐるぐるかき混ぜます。

そしてゆっくりグツグツコトコトとスープ(アレンジ)を煮詰めます。


そして最後に、設定詩の雰囲気をなるべく壊さないように

・詰め込みたい内容が矛盾無く組み込めているか

・メロに綺麗にのっかるか

この2点が両立できるようお皿に盛り付け(作詞)します。

楽曲製作でのこだわり

一度描いた世界感を再描写することはあまり好みません。

常に新しい試みを探求しており、

その結果これまで製作してきた楽曲とは
全く異なる雰囲気のものが出来上がることが多いです。

作風の幅広さ故、私の曲を継続して聴いていただいている方々から
驚愕や困惑といったメッセージをいただくこともありますが、
いろんな雰囲気を表現できる引き出しの多さは
ソングライターとして誇れることだと自負しております。

それぞれが薄っぺらい楽曲にはならないよう、
個性の強いモノをこれからも描いていきたいと思います。

今後の活動について

動画として投稿できるかはわかりませんが、未発表楽曲がたくさん有ります。

できる限り聴いていただける機会を増やしたいと思っておりますので、
今後ともよろしくお願いいたします。

夢、目標

子供の頃から歌と接する機会を作ってくれた

『NHK みんなのうた』にて自作曲を流してもらえたら本望です。

藤村哲弘(イヤイヤP)さんの作品

082958edddf2d7f1b65c194368c0ef33

 

 

代表作「氷のなかに」

 

吐き出せないでいると、

その想いを心の中に閉じ込め、浮かんではまた閉じ込め・・・

その繰り返しを何度も行ってしまう。

そんな情景や心境を表しました。

口下手って損ですよね、ホントに。


AOさんにPVつけてみていただいた

http://www.nicovideo.jp/watch/sm17376865
↑こちらも素敵ですので是非。

 

 

自信作「夢幻破壊」

 

一度死んでもう一度同じ人間に生まれ変わったとしても、

もう一度この曲を書ける自信は有りません。

ミックスは荒いですが、私にしか表現できない
楽曲を製作することが出来たという感覚を覚えた一曲です。

 

 

???

 

とにかく全部がイヤイヤだ!

 

バクの心臓

c4096ce4c66addb2907e112dcd8b8b7a

2012年に発売した初製作アルバムです。

一曲一曲魂を込めて作りました。

特殊な調教法を採っているので不思議な感覚に見舞われることが有ると思いますが、

耳の肥えた玄人さんにも好んで聴いていただけている味わい深い一枚となりました。

憂える夜長にご一聴いただけると幸いです。

藤村哲弘(イヤイヤP)さんのリンク

マイリスト

 

Twitter

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る