記事の詳細

 

よかったら聞いてみてください。

 

 

先日、新曲をアップしました。

全然伸びなさ過ぎて、友達に超バカにされていますw

 

 

 

うあ・・・2時間書いて原稿が全部消えたので、

はしょって書きます。

 

今回の奮闘記は、先日揃えた音源やプラグインなどで作ってみた作品について。

 

 

ベースはTrilianのアコースティックベースで、

サビの要らないスラップベースもTrilianのEベース

 

 

BメロからのアコギはMusicLabの「RealGitar3」

個人的にすごく気に入ってます^^

 

あとは全部Cubase音源です。

 

 

 

MIX・マスタリングではWAVESしか使っていなく

マスタリングの際にWAVESのテープシュミレーターをガンガン使い

レトロっぽくしてみました。

MIX・マスタリングに関しては全く知識がなくて、

かなり出来がわるいですが、、、

Cubase内臓プラグインより、簡単に綺麗に処理できた気がしました。

 

 

本当は、、、いっぱい色んなこと書いたのに、

全部消えちゃったので、書く気が失せてしまい。

ぱぱーと書きましたが、TrilianもRealGuitarもWAVESプラグインも

全部最高です!!

 

 

 

以上・・・

(あーなんで原稿消えたんだよ。。。泣)

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. はじめまして、曲聞きました。可愛くて素敵で良かったです。

    「さにーぷれいす」の発音で気になったところがありましたのでコメントしました。
    ぷれいすの「ぷ」は、拍の頭より少し前に置いて、拍の頭にちょうど「れ」が来るとちょうど良いんじゃないかと思います(英語の発音はそんなに詳しくないので、間違いだったらごめんなさい)。
    他の英語の歌詞も、拍の頭に置きたい音やアクセントを意識して、そうでない音は母音を削ってみたりするといいかもしれません。

    あと、全体的に高すぎて歌えないと思います。
    ボカロの表現としてはそれも良いのですが、そういう曲調でもないようですし、個人的にはもう少しキーが低い方が落ち着いて聞けると思います。

    それでは、また良い曲作って下さい!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る