記事の詳細

 

 

今回のDTM奮闘記は新年に伴いDTMの機材を新調したので、

その紹介(レビュー)記事みたいなのをしてみたいと思います。

 

 

 

これからDTMの機材を買おうと思っている方などは参考にしてみてください。

 

 

 

自分は、今までDTMの機材を揃える際、値段を最優先して選んでいました。

モニタースピーカーはFOSTEXのPM0.4n。(15000円程度)

オーディオインターフェースはSteinbergのCI1。(9000円程度)

MIDIキーボードはALESISのQ49。(8000円程度)

 

 

FOSTEXのスピーカーは値段はモニターとしては安いですが、

本当に素晴らしく、今後もずっと使っていこうと思っています^^

かなりパワーがあるのですが、僕のアパートだと近所迷惑になるので、

出力をかなり下げて使っているので、それが悔しいというか勿体無いです><

 

 

Steinbergのインターフェースは、Cubaseと相性が良くて、

まぁ全然使えるインターフェースでした。だけど、、、

本当に「ただのインタフェース」であって、特に何も特徴もない感じです。

 

 

MIDIキーボードは値段だけ見て購入しましたが、

正直これを使いまくっていくと、物足りなさがドンドン出てきました。

鍵盤の押し具合も チャッチーですw

でも49鍵でこの値段でこのクオリティは凄いと思いました。

 

 

 

↑これらは去年まで自分が使っていた機材なのですが、

まぁこれでも十分にDTMを楽しめるのですが、

 

今年からプラグインなども新調したことですし、

キーボードとインターフェースを新調しました!!

 

 

 

 

 

 

 

インタフェースは定番のRolandのQuad-Captureってやつ。

 

 

なんかねーCI1よりスピーカーの音質が良くなった気がしました・・・

(たぶん気のせいです。)

 

 

 

ただ良い所もあれば悪い所もあります!!

 

 

良い所は、PC内で再生されている音をルーティング?できる事。

これによってニコニコ生放送やUSTREMEでBGM&マイク音声を配信することが出来ます

使い方次第では、Youtubeなどで音楽PVなどを再生してDAWで録音して

○法DLせずにmp3をゲットしたりとかwwww(そんなことしちゃ駄目ですよ!!)

 

あと、Auto-Sensっていう録音の際に便利な機能。

説明が面倒くさいのでYoutubeとかで楽器好きのおっさんが商品紹介してる動画とか見てみてください。

 

 

悪い所は、スピーカーとヘッドホンの音量調節が別々に出来ない!!

 

音量調節が「OUTPUT」のノブしかなくて、

ヘッドホンの音量をあげるとスピーカーの音量も上がってしまいます。

密閉型とかノイズキャンセリングのヘッドホンを聞きながら音量を上げていたら、、、

スピーカーからの音でご近所トラブルとかもあるかも・・・

 

 

 

って事で、僕はある商品を購入しました。

 

 

 

default

IMG_1904

 

 

FOSTEXのPC-1eという商品。

 

これをスピーカーとインタフェースの間に挟むとスピーカーの音量調節が出来ます!

これで、問題解決w

ただ、こんなことしなくてもCI1は大丈夫だったので不便に思っています><

 

 

 

 

次に今回の記事のメインであるMIDIキーボードの紹介。

 

AKAIのMPK49!!

 

 

IMG_1896

 

 

 

SO SICKじゃないですか??w

 

正直、日本語で書かれているレビューが全然無かったので、

全然情報がなくて不安でしたが、これは買って正解でした。

 

 

 

AKAIの赤いMIDIキーボード

images

 

 

 

これとどっちにしようか悩みました。。。

 

 

 

ですが、秋葉原のヨドバシカメラのDTMコーナーにて触ってみた所、

フェーダーがタッチパネル?みたいな感じで直感的に操作しづらい気がして

AKAIの黒い方を購入しました。(赤の方がカッコいいけど)

 

まぁ海外のオークションサイトなどではMPK49の外側だけ沢山売られていて、

赤色や緑色や黄色などにカスタマイズもできるそうです。

 

 

 

自分は海外のオークションサイトから購入したのですが、

 

MPK49が届いた際、一番最初に思ったことは、、、

 

デカイ!重い!!

 

 

 

IMG_1860

 

箱でかすぎww

 

重量はなんと23kg…

 

 

 

 

箱を開けてみると、

IMG_1868

 

白いのいっぱい・・・
(オークションサイトから購入したので。。。)

 

 

 

 

IMG_1864

 

IMG_1873

 

Q49と比較。

 

デカイですw

 

 

 

 

IMG_1876

IMG_1880

IMG_1877

 

 

 

2週間ほどMPK49で遊んだ感想。

 

 

鍵盤の押し具合は、かなり良い方かと思います。

重過ぎず、軽すぎずって所です。

 

 

フェーダーとノブは最高です!!

直感的に操作できてMIX作業とか楽しくできましたw

MAX49じゃなくて本当に良かったww

 

 

パッド…

 

MPCのパッドを使っているそうなのですが、、、

Youtubeで多くの海外のDTMerも言っていましたが、、、

相当強く叩かないと音が出ない・・・

 

ベロシティ127の音をこのパッドで出すんだったら、

指が折れるんじゃないと思うほどです・・・

感度が悪いってわけではないと思うのですが・・・

 

多くの海外のMPK49ユーザーはバッドを改造してMPCのパッドを入れたり、

パッドとセンサーの間にテープとか紙を挟んだりして、

パッドとセンサーの間を無くそうとしていました。

 

パッドを使ってトラックと作っていこうと思っていたのですが、

これじゃ使い物にならないかと思いました。

残念です><

 

 

まぁそれ以外は完璧なMIDIキーボードですので、

オススメです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る