記事の詳細

 

ボーカロイダーズのインタビューNo.300間近という事もあり、

サイトの微リニューアルの準備で忙しいっす><

 

 

 

 

今回のDTM奮闘記のテーマは「ミクさんを調教」

 

 

 

 

みなさんは、どれぐらいボカロの調整を費やしますか?

まるで人が歌ってるようにまで、エディターをいじっていますか?

 

 

 

 

僕は、初音ミクさんのベタ打ちの歌声が大好きなので、

あまり調教はしません。

 

 

 

しかし、今回は一ついい感じにミクさんに感情を入れれる調教法を見つけたので教えますw

※初心者レベルですので、ご了承ください 。

 

 

 

 

今回は、簡単に力強く歌わせる方法を。

※初心者レベルですので、ご了承ください 。

 

 

 

 

 

まず、パート歌唱スタイルで「Strong accent」に設定!!!

正直、これだけでも十分に力強く歌ってくれてます。

 

 

 

これだけだったら、超初心者でもできます。

 

 

 

 

ここから、ダイナミクスをいじります。

 

 

例えば、「これはー」と歌わせたいとき。

 

 

」は絶対に強く歌わせたい。

」もちゃんと歌わせたい。

 

 

 

そういう場合は、

 

まず、斜めにラインを引きます。

 

 

 

これで、力強く歌ってくれます。

 

 

 

しかし!

」が、弱い。

 

 

 

なので、

 

 

 

で、赤い線のように

これ」と「」の間に深めにラインを引きます。

 

 

 

 

 

 

 

で、完成!!

 

 

このやり方の利点。

もし一つ一つラインを引くと、大変だし、「」が強調されすぎてしまうかもしれない。

だが、「れ」 を低くすることで、「」が絶妙に強調される。

 

丁度いいバランスで、力強く歌ってくれます。

お試しあれ^^

 

 

 

注意したい点は、ダイナミクスはあまり大きくつけないこと、

どうせDAWでコンプなどをかけて音圧を稼いだりするので、

真ん中を中心にラインを引くことをオススメします。

あと、そんなに深くラインは引かないように、、、そんなにね。。。

 

 

 

 

さらに+αで強調したい言葉のベロシティを上げると、もっと力強く歌ってくれます。

 

 

お試しあれ。

 

 

 

ちなみ僕の↓

ほとんどが、↑で教えた用法です。

(参考音声はありませんw)

 

 

 

では、またね~

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る