記事の詳細

 

 

Name:
やみくろ
Sex:
Blood:
Age:
若くはないです。
Birthday:
2月8日
Type:
やみくろい
Job:
下げたくもない頭を下げ、理不尽を飲み込む客商売
Live:
大阪
Hobby:
おやじギャグを真剣に考えて歌詞に入れ込む事
Like:
お酒
Dislike:
チョコ
Good:
料理
Weak:
洗濯
将来の夢:
ひも

 

ルカアペンドまだですか

 

 

 

 

使っている機材
PC:
自作 Core2-duo 4Gb 3kH
I/F:
AUDIOGRAM3
DAW:
Cubase AI4
Vocaloid:
巡音ルカ Mew
音源:
ミロスラフの2千円のセールのオーケストラ音源とCubaseAI4内蔵のやつ
アコギ:
YAMAHAの安いの。

 

23年前のMIDIキーボード。
内蔵音源がテラ小室。

音楽暦

19とビートルズに影響を受けてアコギを始める。

それなのになぜかロックバンドをやりだす。

NIRVANAとLINKIN PARKとハイスタとミッシェルのコピーで初ライブという よくあるベタなバンドマンデビューを飾る。

同時に路上で独りさびしく19とかゆずとかベタなの歌う。 大学卒業でバンドも路上もやめるっていうベタな音楽の終わり方を飾る。

その後、DTMのマウス打ち込みが耐えきれず
押し入れにしまってあった母のキーボードを譲り受ける。

打ち込み程度にやれればいいやと思ってたけど面白くなってきて
鍵盤1年半くらいになります。初心者には、、、なれたかな…?

ボカロPになった理由

表で音楽をやめても作詞作曲は続けていて
何か発表する場がないか探してた頃にDTMの存在を知り、
同時にボカロやUTAU、aquestoneを知りました。

ボカロは早くから色々と聴いていたのですが、
お金が無かったことと くそ暗い曲を作ってばっかなのにミクを使うのもなんか違うと思って
aquestoneやUTAUをイジりだす。

そしたらルカさんが発売されて『なんなんええ声やん綺麗なお姉さんやし』 とか思ってたらアゴアニキさんのダブルラリアットが来て
気づいたらルカさんポチってました。

それからはじまりました。

P名の理由

P名はなく、自分で決めたHNです。
「村上春樹さんの作品が好きなのですか?」とよく聞かれますし
実際に好きな作品も多くあります。

が、HNの理由は「なんか4文字ってかわいいやん!」 ってところです。

で、最初は4文字で探していて、
好きなマンガからとって「ハチクロ」にしようと思ったのですが、

さすがに漫画のタイトルはやりすぎかな、とか
いやいや僕の曲のどこにハチクロみたいな青春があるねんやめろやめろという脳内会議を繰り返してるときに 
ハチクロの横に村上春樹さんの小説が置いてあって、

あ、やみくろにしよう。って感じでなんとなく決めました。

あのときに見ていたのが灰皿だったら、
今頃僕は「しけもく」だったかもしれません。

どのような曲を製作してますか?

アコギ、ピアノメインの穏やかな曲が多いと思います。

楽曲製作でのこだわり

大前提として『自分に深く刺さる曲』を作ってます。
それを、誰かに深く刺さればいいなと思って発表してます。

今後の活動について

来年前半にミニアルバム出したいです。

2ndアルバム構想もありますが、実生活がギリギリなので製作費がありません。
働いてお金に余裕が出来たら2nd作ります。

なので、仕事辞められません。助けてください。

あと、音楽の幅を広げたり、
色んな人と色々やりたいです。

ボカロP同士であったり、絵を描いてる人であったり。

夢、目標

『やみくろ』じゃないとダメな理由を探したいです。

やみくろが作るからこそ意味がある音楽を突き詰めたいです。

あなたにとってボカロとは?

音源なんだけど、音源以上の何か。

あと、いっぱい友達が増えたので コミュニティツールでもあるかなと思います。

一度音楽をやめて、これからは一人ぼっちだと思っていたので ボカロと出逢えた事はすごく大切な出来事だったと思います。

やみくろさんの作品

 

バイバイプレイヤー

 

新曲です。

深く、刺さる曲 やみくろである必要性
を求めて作りました。

 

 

完全性コンプレックス

 

代表曲といわれてます。

これをきっかけに多くの人と知り合い
多くの音楽の場に出られるようになったので
思い入れの深い曲です。

 

 

ハロー3

 

以前『心音譜』というアルバムを出したのですが、
それの芯になる曲です。

アルバムは、ここに向かって作っていった様な気がします。

やみくろさんのリンク

マイリスト

 

ニコニココミュニティ

 

Twitter

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る