記事の詳細

 

 

 

Name:
有栖
Sex:
☆彡
Blood:
B型
Age:
20代
Birthday:
7月4日
Type:
穏やかだと思います。
Job:
音楽で食べていけたら、それはなんて幸せな人生なんだろう。
Live:
日本
Like:
うれしい事
Dislike:
うれしくない事
Good:
笑う事
Weak:
笑えない事

 

天パですが音楽への情熱だけはストレートです。

 

使っている機材
PC:
Windows7(x64) core i7-2600 メモリ8G GTX560
I/F:
持ってません(超欲しい)
DAW:
メイン:Studio one 2 サブ:SonarX
Vocaloid:
ミク
音源:
三大神器(Massive Sylenth1 Vengeance)

 

ハードについてはお恥ずかしながら初心者レベル以下の環境なので公開は避けさせて下さい、恥ずかしいから!

音楽暦

生前:父親の方針により胎児の頃からフュージョンを聞かされる。

生後:生まれて間もなく父親の方針でジャズを聞かされる。 小学生:周りがラルクだキンキだと騒いでる中、父親の方針でファンクを聞かされる。

思春期:「坂本龍一のEnergyflowが弾ける男にしてくれ」とピアノ教室に通い始めるが弾けるようになったので辞める。

高校生:プログレ入門、感性が完全に洗脳される。

専門:作曲専門に通う。変態音楽野郎と罵られ我に帰る。同じく当サイトで取り上げて頂いているtsubameと出会い、彼達の影響でクラブミュージックに目覚める(させられる)。

ボカロPになった理由

デジタルだから無感情とか、機械だから無個性とか、そういった偏見を取っ払って視野を広げてみました。

P名の理由

子供の頃見た映画「不思議の国のアリス」(ディズニーじゃない方)が好きでした。

どのような曲を製作してますか?

演歌から民族音楽まで何でもやります。

ハウスやエレクトロ等の流行りのクラブミュージックをメインに据え、若々しい音楽で勝負したいなぁとは思ってます。

楽曲製作でのこだわり

音楽は言葉よりも柔軟な物だと思います。

時には心を揺さぶり、時には優しさで包み、時には傷つける事だってあります。
感情の分だけ様々な性質が存在する音楽ですが、自分の音楽は人間の本質を突き動かす物でありたいと日々思っています。
形容しがたいですが、純粋で情熱的で理性的で平和でポジティブな感情に駆られる時ってないですか?
僕はFlaming Juneを聞いた時その片鱗を感じました。

今後の活動について

「Light Notes Recordings」(通称らのれこ)を運営しています。
前述したtsubame達と合計4人のメンバーに、絵描きのモノ子さんを加え主に名古屋のクラブで活動しています。
M3にも参加する事になりましたのでよろしくお願い致します!

夢、目標

心の奥の奥の奥の奥の奥の奥の方にある、人として誰もが持っている超平和的な何かを開放したら人類皆で肩を組んで笑える日が来るかもしれん。

あなたにとってボカロとは?

人間の表現力や存在感には、決して敵う物ではないです。

だからこそ、曲自体の良し悪しが浮き彫りになるような性質を持っていると感じます。

有栖さんの作品

 

Holic

 

この曲がボーカロイド初挑戦となります。

次回作も続けてミクを扱おうと考えておりますので、何卒よろしくお願い致します。

有栖さんのリンク

 

Twitter

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

おすすめ記事

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る