記事の詳細


DTMっての醍醐味といえば、手軽にクオリティの高い楽曲を作成できることだと思う。  
もちろん音楽経験のない僕のような少年でも、頑張ればちゃんとした楽曲が出来る。
んで、多分だけど、 音楽初心者はまず作曲するにあたって「コード進行」を覚えたほうがいいと思う。

あ、Cがトニックで~ドミナントがBで~とか・・・
詳しくはコード進行に関する本などを購入して、
ある程度の知識を得るのが一番効率がいいのだが・・・  

今回は、薄っぺらいコード進行の知識を得た僕が、
DTMでの作曲にあたって、もしかしたらいいかもしれない作曲方法を教えよう!  


それは・・・

「コードを弾きながら、己の耳を信じる」

 
やっぱり、本などを熟読してコード進行などの音楽理論を知ることも大事だが、
やっぱり自分が聞いていいなと思う音色を使ったほうがいいと思う。  

そこで僕は作曲する時は、
ドラムパートを先に作り、
その作ったドラムパートをループ再生しながら、
MIDIキーボードで弾きながらにコードを作曲していく・・・

で、後からノートなどにそのコードを書き写して、
本などを読みながら修正していくって感じです。  

でで!!音楽初心者は白と黒の並んだキーボードをみても、
どこを押せばCが出来るとか割りませんよね?  

そこで僕は、キーボードにアルファベットのシールを張ってみましたwww


これで少しコードが弾きやすくなりました。
ほんの少しの音楽知識しかもってない人は、ぜひ真似してくださいね~


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

おすすめ記事

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る