記事の詳細

 



 

Name:
ほぼ日P
Job:
音楽制作プロダクション
Good:
料理

 

影響を受けたのは、曲作りは小西康晴と筒美京平。
ギターはアンディ・サマーズ、ウォーレン・ククルロ、鈴木賢司、窪田晴男、
ベースは細野春臣、江川ほーじん。

 

 

 

 

使っている機材
PC:
ショップオリジナルのWindows
I/F:
Zoom S2t
DAW:
MU.LAB
Vocaloid:
初音ミク、結月ゆかり
音源:
Independent Pro2.5

 

フェンダーテレキャスター’72
バッカスジャズベ 
アプローズエレアコ

音楽暦

高校生の時にコピーバンドをやりながら、ダブルカセットでピンポン録音をしてました。
その後、MTRとミキサーを買ってバンドの録音をしていましたが、並行して、シンセ類を買い集めて自宅録音もしていました。

DTMをやろうとして大枚はたいて買ったCUBASEの設定ができなくて放り投げたのは黒歴史です。

ボカロPになった理由

「Packaged」や「ストロボナイツ」とかを聴いてヴォーカルがいなくても形にできるのが羨ましかったので自分でもやってみました。
何より、曲を作ろうと思ってから数時間で完パケしてネットに載せられるのが素晴らしいです。

P名の理由

一日一曲のペースで動画を上げていたので。
2009年4月7日から始めて10月2日までに100曲作ってました。

どのような曲を製作してますか?

初期(マジックテープ以前)の頃はPCのみで完結していましたが、メンバーが増えてからはギターやベースが中心のバンド・サウンドが中心になっています。

楽曲製作でのこだわり

素直で簡単なメロディを少ない音で曖昧なハーモニーの上に載せること。

ネタ元のサウンドの特徴をデフォルメして、どこかで聴いたことがあるけど聴き比べても同じじゃないサウンドを作ること。

今後の活動について

今後も飽きるまで淡々と曲を作り続けます。

夢、目標

『ほぼ日PコンプリートCD-BOXセット』の発売! 
現時点で300曲以上あるので15枚組くらいになるでしょうか。

あなたにとってボカロとは?

自分の代わりに歌ってくれる人。

 

 

 

ほぼ日Pさんの作品

 

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

 

唯一のミリオン曲で代表曲。
CD発売時には実写でPVを作りました。
元ネタはコミック化されてます。

実写PV http://www.nicovideo.jp/watch/sm17638790

 

 

彼氏の財布がマジックテープ式だった

 

初めての殿堂入り曲。

長谷川唯さんに歌ってもらってCDにもなりました。バリバリ

 

 

行きます! カラオケ一曲目

 

目指せカラオケの定番曲!ということで作ってみた曲。
練習しないと意外に難しいけどまあいいか。

ほぼ日Pさんのリンク

マイリスト

 

Twitter

 

ほぼ日プロダクション公式サイト:http://hobonichip.com/

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー

クリック

コミュ参加してね(ここで生放送したりします)

ページ上部へ戻る